Dance No.1(S80号)No.2~4(S50号)


先日投稿した2001年の二科展“初落選”作品よりもさらに下手になっている2005年の“5度目落選”作品です(笑うしかない)。

でもこれ、上手く描けてたら面白いと思うんです。特にNo.1(上段)の構成が。


写真2枚目は独身時代の部屋。No.2~4(下段)はロフトから撮っています。

現在の住環境も大差なく、こんな狭い生活空間で描いています。




~10月の絵里子画廊~


かれこれ30年もお世話になっている恩師、二科会の中山昌美(よしみ)先生。


私は大学は美大ではなく、一般大学の文学部(芸術学科)だったので、昔のように絵を描くことをどこかでしてみたくて絵画教室を探しました。そこで出会ったのが昌美先生です。


その教室で習っていたのは2年足らずだったと思いますが、先生はまだ何者でもない私に、習い事感覚ではなくプロ意識を持って描くよう指導されました。二科展に出品することになったのももちろん先生の後押しです。何の受賞歴もないのに若い頃から自腹で個展をやり続けていたのも先生に勧められたからです。というと全部先生の言いなりみたいですが本当にそうで(苦笑)、私は先生がいなかったら絵を描く道を歩んでいなかったと思います。


また、若く世間知らずだった私は、絵画以上に先生から人生を教わって今日に至っています。人間関係、恋愛関係、大事なことの選択など、何かあれば必ず先生に相談。私の20代以降の出来事を先生はすべて知っています。「絵里子ちゃんは時間泥棒だもの。ホッホー…」と笑いながら、いつも長電話に付き合ってくださいました。


先生の教えは大体が真理で、思いやりあるものです。でも非常にはっきりとした強烈なアドバイスは、時に疑わしく感じることもあり、半分に聞いておくこともありました。


でも、そこにこそ先生の教えがあると思うのです。陰と陽を見極める力、そして、そのどちらをも受け入れる懐の深さを、私は30年かけて先生に鍛えられたと思っています。もちろんまだまだ未熟ですが、未熟なりに肝が据わり、もう大概の事は怖くありません。


二科会で私と昌美先生を知る人にどう映るかわかりませんが(年も離れているし一見個性が違うので)私のマインドは、ほぼ“昌美イズム”でできています。


(あと……私の身に着けているものは先生のお下がりがたくさんあります・笑)


~追伸~

本日11月24日7:57AM 射手座の新月。

下記URLを参考に願い事してはいかが?

スピリチュアル絵里子🧕🔮✨

https://womanlife.co.jp/topics/1209332