工藤絵里子

記事一覧(17)

第8回JKA髙橋杯空手大会

今日、日本空手協会(JKA)大宮支部の髙橋杯空手大会に参加させていただき、上級・有段者一般女性の形(かた)で優勝しました☆ え?? 嬉しい♪♪ 空手の試合なんて高校の部活以来です。私は空手道をずっと続けていたわけではなくて、20代の頃道場に通い直して初段(黒帯)を取り、またしばらくブランクがあって、40代で再開しました。今日やった形は「慈恩(じおん)」といいます。優勝と聞くと凄そうですけど、ぜんぜんです。見ればわかります。緊張で最初からグラついてしまったし、キレが悪い。見たい?見せたいのか(笑)せっかく撮影してもらったし(爽やかなYさん、ありがとうございました♪)自分のブログですからアップしちゃいます。※すみません、、、ここまで書いてさあ動画を挿入しようと思ったら、どうやらYouTubeなどにアップしたものをここに貼り付けるしかないようです。YouTubeで披露するようなものでもないのでいったん保留。自分のブログだけにひっそりと公開できるのならよいのですが。。。ここのところ、会社の残業と絵の締切でずっと稽古に行けなかったので、一段落ついたらまた励もう!老体に鞭打って(苦笑)。次は「観空大(かんくうだい)」がいいな(調子に乗ってまた試合に出る気になってる)。「観空大」って、キレッキレにできたらカッコイイんですよ。でも……形だけじゃなく、組手も強くならないと空手とはいえないんですけどね。大宮支部の先生方や係の皆様、今日はお疲れ様でした。ありがとうございました!

O Holy Night

先日書いたブログで、この絵について散々自己評価を下げ、反省しておりましたが、お読みになった方は忘れてください。応募した選抜展の一次(写真)審査を通過しました☆二次(実作品)審査のために、昨日作品を送ったところです。苦しんで描き、もうダメ……と思っていたので、拾っていただけてびっくりしたし、本当に有難いです。二次審査が終わるまで、余計なおしゃべりはしないで待ちます。~先日書いたブログは削除しました。絵の批評ではない部分だけ以下に残します。~作品タイトルは『O Holy Night』(サイズはF30号/910mm×727mm)。さやかに星はきらめき―この歌すごく好き。この作品タイトルをつけるためにちょっと調べてみたのですが、アドルフ・アダン作曲のクリスマス・キャロルなんですね。知らなかったです。アダンといえば『ジゼル』『海賊』。バレエファンならわかりますね。そうか~、アダンだったのか~(しみじみ)。『O Holy Night』は多くの歌手が歌っていますが、クリスマスの時季に今でも色褪せることなくよく流れているのはマライア・キャリーではないかな。音楽って、いろんなアレンジで歌い継ぐことができるから素晴らしいです。~追記~がび~ん(昭和)。二次審査、受賞ならずでした。でも大丈夫!これしきでへこむ俺様ではないわ!ぬははは~ ( ̄ε=‥=з ̄)

フォロワーさん

私はSNSというのをやっていないので(このブログもSNSってこと?)よくわかっていなくて、最近訪れてくれたフォロワーさん(さん付けでいいのかな?)にどうしていいのかわかりません。また、自分がフォローするとか、そういった仕組みもわかりません(どこかポチッとするの?)。あとで時間ができたら研究してみますが、とにかく絵里子画廊にいらしてくれたフォロワーさん、ありがとう!このホームページは1月8日にオープンしてブログを書いていましたが、知り合いの皆さんにお知らせしたのはつい最近(数日前)です。でも、まだ連絡しきれてなくてごめんなさい。一斉にというわけにいかないので時間がかかってしまって。作品制作や展示にしても時間がかかり過ぎなんですが、言ってしまえば会社勤めもしているので時間が足りないのです。私が絵だけ描いていると思っている方もいらっしゃるようなので(画家ならばそうありたいですが)、そうではないという、ありのままをお伝えしてもよいのではないかと思いました。それぞれの忙しい日常、大切な生活があるなかで、たま~に画廊にいらしていただけるだけですごくありがたいです。たとえフォロワーさんが少なくても、こうして文章を書くことや絵を描くことを通して思考する時間が自分にとっては大切なことなので、そのためにもこの画廊はあるのです。思考し過ぎた……寝ないと。。。あ、旧正月だ。おめでとうございます☆ 新年出直そう!